コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホールセール・バンキング ほーるせーるばんきんぐwholesale banking

翻訳|wholesale banking

2件 の用語解説(ホールセール・バンキングの意味・用語解説を検索)

知恵蔵の解説

ホールセール・バンキング

ホールセール・バンキング(卸売銀行業務)とは、金融機関が大企業、政府、機関投資家などを相手に大口の預金・貸し付け業務、為替取引等の金融業務を取り扱うこと。銀行業務だけでなく、証券引き受け業務、M&Aの仲介、証券化、デリバティブ自己売買等を含んだ投資銀行業務を指す場合もある。一方、リテール・バンキング(小売銀行業務)とは、個人や中小企業を対象にした小口の預金・貸し出し、為替取引などの金融業務。従来、広範な支店網を必要とする相対(あいたい)取引中心の業務とされてきたが、インターネットやIT(情報技術)の発達により、ネット・バンキングコンビニ銀行も出現し、今後大きく変化する可能性もある。

(吉川満 (株)大和総研常務理事 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
知恵蔵について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ホールセール・バンキング

金融機関が大企業,中堅企業,機関投資家,政府など大口の顧客を相手に行う金融業務のこと。一方,主に中小企業相手の金融や個人相手の預金の受入れ,給与振込み,口座振替カードによる貸出しなど小口業務を行うことを,リテール・バンキングretail banking(個人,中小企業向け銀行業務)という。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ホールセール・バンキングの関連情報