ホールファカーン(英語表記)Khawr Fakkān

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホールファカーン
Khawr Fakkān

アラブ首長国連邦のシャルジャ首長国の港湾都市。ただし,首長国領土から離れ,飛び地としてオマーン湾岸に位置する。連邦のなかでは,自然の湾内にある天然の良港の一つで,中世においては重要な港であった。 16世紀にポルトガルに占領されたが,オマーン,ペルシアとの争奪戦ののち,オマーンに帰属し,オマーンと同盟していたシャルジャの手に落ちた。 1952年イギリスがフジャイラを独立国と認めたとき,オマーン湾岸の大部分はフジャイラに帰属したが,ホールファカーンの町はシャルジャ領としてとどまったため,町域は同じ連邦のフジャイラ,ラスアルハイマと3つに分れている。重要な港であるが,飛び地であるため,シャルジャ政府の関心は首都の港湾施設の改良のほうに向けられている。人口1万 790 (1980) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android