コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

離れ ハナレ

デジタル大辞泉の解説

はなれ【離れ】

離れ座敷」「離れ家(や)2」などの略。「離れを借りて住む」
(「…ばなれ」の形で名詞の下に付いて)
㋐それからかけ離れている意を表す。「素人離れ」「現実離れ
㋑関係や関心のなくなる意を表す。「親離れ」「活字離れ

ばなれ【離れ】

はな(離)れ2」に同じ。「乳離れ」「浮世離れ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

はなれ【離れ】

〔動詞「離れる」の連用形から〕
「離れ座敷」「離れ家」の略。 「 -に客を通す」
「…ばなれ」の形で、他の名詞の下に付いて複合語として用いられる。
そのものから関心がはなれる意を表す。 「政治-」 「活字-」
そのものからかけ離れている意を表す。 「日本人-した体格」 「素人-の腕前」 「浮き世-した生活」
そのものから独立する意を表す。 「親-」 「乳-」 「巣-」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

離れの関連情報