コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

離れ ハナレ

デジタル大辞泉の解説

はなれ【離れ】

離れ座敷」「離れ家(や)2」などの略。「離れを借りて住む」
(「…ばなれ」の形で名詞の下に付いて)
㋐それからかけ離れている意を表す。「素人離れ」「現実離れ
㋑関係や関心のなくなる意を表す。「親離れ」「活字離れ

ばなれ【離れ】

はな(離)れ2」に同じ。「乳離れ」「浮世離れ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

はなれ【離れ】

〔動詞「離れる」の連用形から〕
「離れ座敷」「離れ家」の略。 「 -に客を通す」
「…ばなれ」の形で、他の名詞の下に付いて複合語として用いられる。
そのものから関心がはなれる意を表す。 「政治-」 「活字-」
そのものからかけ離れている意を表す。 「日本人-した体格」 「素人-の腕前」 「浮き世-した生活」
そのものから独立する意を表す。 「親-」 「乳-」 「巣-」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

離れの関連キーワードエルミタージュ呼寄せ高齢者アネックス気に掛かるオフネック遠距離介護隠棲・隠栖付き纏う天涯地角遠洋航海最大離角離れ小島世間離れ浮世離れ囲いの間骨離れ離れ島離れ州離れ家親離れ

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

離れの関連情報