コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボジョレーヌーボー ボジョレーヌーボー Beaujolais nouveau(フランス)

1件 の用語解説(ボジョレーヌーボーの意味・用語解説を検索)

飲み物がわかる辞典の解説

ボジョレーヌーボー【Beaujolais nouveau(フランス)】


フランス中東部ブルゴーニュ地方のボジョレー地区でガメ種のぶどうを用いてつくられ、その年に収穫されたぶどうでつくられるもののなかでいちはやく飲める、赤ワインの新酒。収穫年の11月の第3木曜日に解禁される。一般的な赤ワインは、ぶどうの軸を除いて破砕してから発酵させるが、このワインは、房をまるごとつぶさずに用いる。そして、発酵で発生する炭酸ガスタンク内に充満させて、もしくはタンクに炭酸ガスを注入して、その中で発酵を進める製法をとる。この製法は短期間での発酵を可能にし、また果皮の色素や香味成分も浸出しやすい。渋味が少なく、フルーティーで軽快な味わいのワインとなる。◇「ボージョレーヌーボー」「ボージョレヌーボー」ともいう。「ヌーボー」は「新しい」という意。

出典|講談社
(C)Kodansha 2013.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ボジョレーヌーボーの関連キーワードディジョンボーヌサンベニーニュドディジョン大聖堂ニュイサンジョルジュノートルダムドディジョン教会ブルゴーニュ大公宮殿ブルゴーニュワインボジョレ・ヌーボーブールギニョンブルゴーニュ風

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ボジョレーヌーボーの関連情報