ボドルム城(読み)ボドルムジョウ

デジタル大辞泉の解説

ボドルム‐じょう〔‐ジヤウ〕【ボドルム城】

Bodrum Kalesi》トルコ南西部の港町ボドルムにある城塞。15世紀にロードス島を拠点とするヨハネ騎士団により建造。古代世界の七不思議の一つに数えられたマウソロス霊廟の石材を使用したとされる。16世紀にオスマン帝国の支配下となり、その軍事的役割を失った。現在は沈没船博物館になっており、復元された沈没船や積み荷などを展示している。聖ペテロ城

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android