コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボヨマ滝 ボヨマタキ

デジタル大辞泉の解説

ボヨマ‐たき【ボヨマ滝】

Boyoma Falls》コンゴ民主共和国北東部、コンゴ川中流にかかる滝の総称。ウブンドゥから下流約100キロメートルのキサンガニまでの七つの滝を指す。幅は最大約800メートル、落差の合計約70メートル。滝を踏査した探検家ヘンリー=スタンリーの名にちなみ、かつてスタンリー滝とよばれた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のボヨマ滝の言及

【スタンリー滝】より

…アフリカ中部,コンゴ民主共和国(旧,ザイール)のコンゴ川中流にかかる滝の総称。キサンガニ(旧名スタンリービル)とその上流約100kmのウブンドゥ間に七つの滝をもつ。最下流のものが最大で(幅約750m),約42km上流に次の滝,さらに約35km上流から五つの滝が連続する。落差は小さく,合計約70mであるが,船が通れないため,鉄道がこれを補っている。コンゴ川はここから上流ではルアラバ川と呼ばれる。滝の名は1876年に踏査したH.スタンリーにちなむが,コンゴ民主共和国ではボヨマBoyoma滝と呼ぶ。…

※「ボヨマ滝」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ボヨマ滝の関連キーワードコンゴ[川]スタンリー

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android