七つ(読み)ナナツ

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (「つ」は接尾語)
① 一の七倍の数。しち。なな。また、物が七あること。七の個数。七個。
※枕(10C終)三〇二「薄色・白き・紅梅など、ななつ八つばかり着たるうへに」
② 第七番目。
※宇津保(970‐999頃)祭の使「かんだちめ、みこたち、かたわきてくらべたまふ。〈略〉六右かつ。ななつ左かつ。八右かつ」
③ 年齢の呼び方で、七歳。
※宇津保(970‐999頃)楼上上「来年はななつになり給ふ」
④ 中古から近世における時刻の呼び方。現在の午前四時または午後四時にあたる。ななつどき。
※虎明本狂言・首引(室町末‐近世初)「七つなってから人のゑとをらぬ野じゃと聞及ふだ」
⑤ 「ななつや(七屋)」の略。
※雑俳・塵手水(1822)「引つぎに七つへいそぐ百坊主」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

七つの関連情報