七つ(読み)ななつ

精選版 日本国語大辞典「七つ」の解説

なな‐つ【七つ】

〙 (「つ」は接尾語)
① 一の倍のしち。なな。また、物が七あること。七の個数。七個。
(10C終)三〇二「薄色・白き・紅梅など、ななつ八つばかり着たるうへに」
② 第七番目。
※宇津保(970‐999頃)祭の使「かんだちめ、みこたち、かたわきてくらべたまふ。〈〉六右かつ。ななつ左かつ。八右かつ」
③ 年齢の呼び方で、七歳。
※宇津保(970‐999頃)楼上上「来年はななつになり給ふ」
④ 中古から近世における時刻の呼び方。現在の午前四時または午後四時にあたる。ななつどき。
※虎明本狂言・首引(室町末‐近世初)「七つなってから人のゑとをらぬ野じゃと聞及ふだ」
⑤ 「ななつや(七屋)」の略。
※雑俳・塵手水(1822)「引つぎに七つへいそぐ百坊主」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「七つ」の解説

なな‐つ【七つ】

数の名。六つの、八つの前の自然数。7個。しち。なな。
7歳。
の時刻の名。今の午前4時および午後の4時ごろ。ななつどき。
[類語]じゅうゼロ一つ二つ三つ四つ五つ六つ八つ九つとお

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android