コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボリバル主義 ボリバルしゅぎBolívarismo

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボリバル主義
ボリバルしゅぎ
Bolívarismo

ラテンアメリカ諸国の統合ないし連帯をアメリカ抜きで進めようとする考え方。 S.ボリバルは 19世紀初頭のスペイン植民地での独立戦争の指導者。彼は防衛同盟結成を目指して 1826年にラテンアメリカ諸国を召集するが,その際アメリカの参加を望まなかった。その後はアメリカが中心となり,米州の結束を固めようとする汎米 (はんべい) 主義 (パン・アメリカニズム) が強まり,米州相互援助条約米州機構が成立した。だがアメリカの覇権の低下とともに,ラテンアメリカ経済機構 (キューバを含め,合衆国を入れない) や,中米和平でラテンアメリカ諸国が独自の立場をとるなど,ボリバル主義的な動きも見られるようになった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ボリバル主義の関連情報