コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボロン繊維 ボロンせんいboron fiber

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボロン繊維
ボロンせんい
boron fiber

直径は 100μm程度であり,一般の繊維より太い。引張弾性率は 410GPa,引張強度は 3.6GPaであって,鋼よりもはるかに高い。反応管の中に水素と塩化ホウ素ガスを流しておき,この中に 1100~1200℃に加熱した直径 12.5μmのタングステン線を通過させることにより,タングステン線上にホウ素を析出させる方法 (化学蒸着) で製造する。ボロン繊維は,密度が 2.6g/cm3であり,鋼の 7.8g/cm3より小さく,軽量である。耐熱性が高いのでアルミニウム合金マトリクスとする繊維強化金属用に適し,アメリカの軍用航空機やスペースシャトルに使われている。その他,樹脂をマトリクスとする複合材料として,ゴルフシャフト,テニスラケット,自転車のフレームなどにも応用されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

ボロンせんい【ボロン繊維】

ホウ素を繊維状にしたもの。軽く、引っ張り強度や曲げ強度が非常に強い。成型加工が難しく、プラスチックの中に混入するなどして、ゴルフシャフトやスペース-シャトルの構造材などに利用されている。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ボロン繊維の関連キーワード引っ張り強度ボロンロッドプラスチックスペースシャトル合成繊維構造材

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android