コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボロン繊維 ボロンせんい boron fiber

2件 の用語解説(ボロン繊維の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボロン繊維
ボロンせんい
boron fiber

直径は 100μm程度であり,一般の繊維より太い。引張弾性率は 410GPa,引張強度は 3.6GPaであって,鋼よりもはるかに高い。反応管の中に水素と塩化ホウ素ガスを流しておき,この中に 1100~1200℃に加熱した直径 12.5μmのタングステン線を通過させることにより,タングステン線上にホウ素を析出させる方法 (化学蒸着) で製造する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ボロンせんい【ボロン繊維】

ホウ素を繊維状にしたもの。軽く、引っ張り強度や曲げ強度が非常に強い。成型加工が難しく、プラスチックの中に混入するなどして、ゴルフシャフトやスペース-シャトルの構造材などに利用されている。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ボロン繊維の関連キーワード金属繊維繊毛衣料切符雨滴梳綿人並雲粒煙霧質指針測微器粗砂

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ボロン繊維の関連情報