コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボーイエル Johan Bojer

世界大百科事典 第2版の解説

ボーイエル【Johan Bojer】

1872‐1959
ノルウェーの小説家。イプセン流の社会批判から,現代の機械工業発達への批判に進み,《大いなる飢え》(1916)を書く。しかし,彼の文学的本領は,北ノルウェーの農夫,漁夫の生活を写す叙事的な小説群,《最後のバイキング》(1921),《わが一族》(1924),特に《海辺に住む人々》(1929)にみられる。ここでは,ノルウェーの貧しさ,アメリカ大陸に移住した者たちの苦い絶望が生き生きと描き出されている。【毛利 三弥】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ボーイエルの関連キーワード新藤兼人岡本喜八マキノ雅広森一生チベット問題ルナ市川崑エルスケン川島雄三恐怖映画

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android