コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボーイエル Johan Bojer

1件 の用語解説(ボーイエルの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ボーイエル【Johan Bojer】

1872‐1959
ノルウェーの小説家。イプセン流の社会批判から,現代の機械工業発達への批判に進み,《大いなる飢え》(1916)を書く。しかし,彼の文学的本領は,北ノルウェーの農夫,漁夫の生活を写す叙事的な小説群,《最後のバイキング》(1921),《わが一族》(1924),特に《海辺に住む人々》(1929)にみられる。ここでは,ノルウェーの貧しさ,アメリカ大陸に移住した者たちの苦い絶望が生き生きと描き出されている。【毛利 三弥】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

ボーイエルの関連キーワードチベット問題ルナ恐怖映画フィルムは生きている安保闘争VIVO富岡製糸場竹本長十郎マレー吉沢検校(2代)

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone