コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボーイング707 ボーイングななれいななBoeing 707

1件 の用語解説(ボーイング707の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボーイング707
ボーイングななれいなな
Boeing 707

本格的な民間ジェット時代の嚆矢となった大型4発旅客機ボーイングがひそかに開発し,367-80,略してダッシュ 80 (エイティ) と呼ぶ原型機が初飛行したのは 1954年7月 15日。その高性能に目をつけたアメリカ空軍民間航空会社より先に発注し,KC-135と呼ぶ空中給油機として大量に採用した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ボーイング707の関連情報