コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

嚆矢 コウシ

デジタル大辞泉の解説

こう‐し〔カウ‐〕【×嚆矢】

《「嚆」は叫び呼ぶ意》かぶら矢。
《昔、中国で戦いを始めるとき、敵陣に向かって1を射たところから》物事のはじまり。最初。「二葉亭の『浮雲』をもって日本近代小説の嚆矢とする」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こうし【嚆矢】

〔「嚆」は叫ぶ意〕 かぶら矢。
〔「荘子在宥」より。昔、中国で合戦の初めに、かぶら矢を敵陣に向けて射かけたことから〕 物事のはじめ。最初。 「その説を唱えたのは彼をもって-とする」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

嚆矢の関連キーワード曽根崎心中・曾根崎心中日鉄機関方ストライキアルナルド コレアアンデパンダン展官板バタヒヤ新聞小話・小咄・小噺ユヌス・エムレユヌス・エムレスペイン交響曲本多‐藤嶋効果役者名物袖日記協同組合主義エクソシスト古今役者大全ウォッチング十角館の殺人鹿都部真顔阿蘭陀万歳ウォーラス誹諧発句帳

嚆矢の関連情報