嚆矢(読み)こうし

故事成語を知る辞典「嚆矢」の解説

嚆矢

何かの先がけとなるもののたとえ。

[使用例] わが国における写真の歴史を今ここに詳しく説いている暇はないが、〈〉アメリカの船員が我が役人らを撮影し、あわせてその技術を教えたのが嚆であると云う[岡本綺堂*半七捕物帳|1923]

[由来] 「荘子ざいゆう」に出て来ることばから。こざかしい知恵を振り回すことが世の中の乱れの原因だ、とする考え方から、「賢者として知られたそうちゅうも、極悪人として有名なけつおうとうせきの『嚆矢(戦いを始まるを合図として放つ、音の響く矢)』ではなかった、とだれに言えるだろうか」と嘆いています。

出典 故事成語を知る辞典故事成語を知る辞典について 情報

デジタル大辞泉「嚆矢」の解説

こう‐し〔カウ‐〕【×嚆矢】

《「嚆」は叫び呼ぶ意》かぶら矢。
《昔、中国で戦いを始めるとき、敵陣に向かって1を射たところから》物事のはじまり。最初。「二葉亭の『浮雲』をもって日本近代小説の嚆矢とする」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「嚆矢」の解説

こう‐し カウ‥【嚆矢】

〘名〙
① (「嚆」は、さけびよぶこと) やじりに鏑(かぶら)を用いていて、射ると音をたてる矢。かぶら矢。鳴箭(めいせん)
② (昔、中国で、戦争の初めに①を射たところから) 物事の初め。最初。
※羅山先生文集(1662)二五・七武余論「至今耀武拠国者、皆以頼朝嚆矢
※西洋聞見録(1869‐71)〈村田文夫〉後「是を瓦斯灯の嚆矢とす」 〔荘子‐在宥〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android