ひきつけ

百科事典マイペディア「ひきつけ」の解説

ひきつけ

痙攣(けいれん)の俗称。普通は子どもの発作性痙攣をさす。子どもは成人に比べ痙攣を起こしやすく,風邪扁桃炎などの発熱,激しい興奮の際に起こることがある。安静にしておけばなおる。しかし,癲癇(てんかん)や脳炎など重い病気の症候のこともあり,医師の診断が必要。特に発作が繰り返されたり,長びいたり,高熱や意識混濁を伴うときは注意を要する。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版「ひきつけ」の解説

ひきつけ

ひきつけは俗語としてよく用いられるが,医学用語ではなく,正確な定義はない。人により使い方も異なるが,一般に痙攣(けいれん)発作とほぼ同意義に用いられている。全身性強直性痙攣の意味合いが強く,また小児に用いられることが多い。
[痙攣発作]
 痙攣発作筋肉の急激な不随意的収縮で,一瞬の収縮(攣縮)を反復する間代性痙攣,数秒~数分間持続する強直性痙攣などがある。全身性痙攣ではふつう,同時に意識が失われる。定型的症状は,急に意識を失い,四肢を強直し(全身を硬くする),目は多く開いていて,眼球は中央に固定するか上転する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

妊娠・子育て用語辞典「ひきつけ」の解説

ひきつけ

けいれん」のページをご覧ください。

出典 母子衛生研究会「赤ちゃん&子育てインフォ」指導/妊娠編:中林正雄(母子愛育会総合母子保健センター所長)、子育て編:渡辺博(帝京大学医学部附属溝口病院小児科科長)妊娠・子育て用語辞典について 情報

今日のキーワード

動員令

〘名〙 旧制で、戦時または事変に際し、在郷軍人を召集する命令。※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)二月四日「隠密に本国に於ては数個軍団に動員令を布きたる形跡あり」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android