コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボーメの比重計 ボーメのひじゅうけい Baumé's hydrometer

2件 の用語解説(ボーメの比重計の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボーメの比重計
ボーメのひじゅうけい
Baumé's hydrometer

浮き秤の1種で,軽液用と重液用とがあり,ボーメ度が目盛られている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ボーメの比重計
ぼーめのひじゅうけい
Baum's hydrometer

目盛り管付き浮き秤(ばかり)の一種で、等間隔の目盛りをもつことが特徴であり、重液(水より重い液体)用と軽液(水より軽い液体)用とがある。ボーメの比重計による値はボーメ度(重ボーメ度Bhまたは軽ボーメ度Bl)とよばれ、かつては食塩水を基準として目盛り定めがなされていたが、現在では比重とボーメ度との関係式によって定義されており、日本では計量法の計量単位規則に基づいて次式を用いている。

 一般に用いられるボーメの比重計には、重液用では0~72重ボーメ度(比重1.0~2.0)の目盛りが、軽液用では10~100軽ボーメ度(比重1.0~0.6)の目盛りが付されている。[三井清人]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ボーメの比重計の関連キーワード浮き秤ボーメ度重液螺子ゲージ鉢前的矢軽液ボーメ比重計パルスコラム注射液用蒸留水

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone