コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浮き秤 うきばかり hydrometer

翻訳|hydrometer

4件 の用語解説(浮き秤の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

浮き秤
うきばかり
hydrometer

液体に浮べて,浮き秤のおもりの重量とおもりに働く浮力との釣合いから,液体の比重をはかる比重計の1種。目盛り浮き秤は下部にふくらみとおもりをつけて,垂直に液中に立つようにし,上部に目盛りをつけて,液面に接する点の目盛りからその液体の比重が読めるように較正してある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

うき‐ばかり【浮き×秤】

目盛りをつけたガラス管の下部を球形にし、その中におもりを封じ込んで、垂直に浮くようにした液体用比重計。測定する液体中に入れ、沈んだ深さから比重を知る。ふひょう

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

うきばかり【浮き秤】

比重計の一。液体中での錘おもりの重さとその錘に働く浮力とを釣り合わせて、その液体の比重を測るもの。液体の表面に浮かせ、液面の位置の目盛りを読む目盛り浮き秤がよく使われる。ハイドロメーター。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

浮き秤
うきばかり
hydrometer

液体の密度、比重、水に溶けた物質の百分率などを測定する器具。用途に応じて次の4種類に分けられる。
(1)密度浮き秤 特定の温度での密度を測定する。
(2)比重浮き秤 特定の温度での液体の比重を測定する。
(3)百分率浮き秤 水に溶けた食塩やアルコールなどの物質の百分率を測定する。
(4)任意スケール浮き秤 液体の密度、比重、濃度などを特殊な目盛りで表示する。
 通常の浮き秤は下部におもりを入れたガラス管で、液体の中で垂直に浮くようになっている。管の下部は液面下に沈むが、沈む体積は液体の密度に比例するので、ガラス管上部の目盛りによって、沈む深さを読み取ると、密度に比例した値が得られる。[石川光男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

浮き秤の関連キーワード大森重さ重量トン板錘恋の重荷物思わしい思い浮べる世の重し青森のお米「つがるロマン」の日ラヂオもりおか

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone