コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボーンホルム[島] ボーンホルム

百科事典マイペディアの解説

ボーンホルム[島]【ボーンホルム】

デンマーク東端,バルト海の出口にある島。中心地は西岸のレネ。低平な島で最高点は標高162m。酪農・漁業を主とし石材(花コウ岩)を産する。1645年スウェーデンにより占領。
→関連項目デンマーク

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ボーンホルム[島]【Bornholm】

デンマークの島で,スウェーデンの最南の地スコーネの沖合35kmのバルト海上の孤島。面積588km2,人口4万6000(1990)。バルト(フェノ・スカンジア)楯状地の一部をなし,モレーン(氷堆石)地形を主とするデンマークのなかでは例外的に花コウ岩,片麻岩を中心とする岩石島で,北部海岸は断崖が多い。中心都市はレーネRønneとネクセーNeksø。デンマーク本土から約150km離れ,観光収入が同島の経済に大きな意味をもつ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ボーンホルム[島]の関連情報