コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポコマム族 ポコマムぞくPocomam

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ポコマム族
ポコマムぞく
Pocomam

グアテマラ高地東部に住むマヤ語系の一民族。スペインの征服時に最も抵抗した民族の一つで,植民地時代にもしばしば反乱を起した。現在ではポコマムの居住域に多くの白人系集落があり,ポコマム社会の上部階層をなしている。ポコマム語は近隣で話されるポコムチ語と非常に近く,両者を合せてポコム語とも呼ばれるが,ポコム語人口は減少しつつある。トウモロコシ,豆類を主作物とする農業を営むほか,休耕地に植林したカシからつくる木炭や土器で現金収入を得ている。未婚男子の儀礼的集団カマラデリーアなど,年齢,性,社会・経済的地位に基づく各種の集団が形成され,政治・宗教活動の重要な役割を果している。また,洗礼,婚姻その他主要な儀礼には代親による儀礼的親族関係が優先している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android