コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

かし カシ

デジタル大辞泉の解説

かし[終助・副助]

[終助]呼びかけや命令の文末に付いて、強く念を押したり、同意を求めたりする意を表す。…ことだ。…よ。
「国王の仰せ言を背(そむ)かば、はや殺し給ひてよ―」〈竹取
[副助]副詞「なほ」「よも」「さぞ」などに付いて意味を強める。
「おとと様がよもや―お殺しなされてよいものか」〈浄・祇園曙〉
[補説]から派生した近世の用法。現代語「さぞかし」に残る。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かし

( 終助 )
〔係助詞「か」の終助詞的用法に強調指示の副助詞「し」が付いてできたもの〕
文末にあって、念を押し、意味を強める意を表す。 「まことのうつは物となるべきを取出ださむにはかたかるべし-/源氏 帚木」 「われはこのごろわろきぞ-/更級」 「そらに申し侍らば、本草に御覧じあはせられ侍れ-/徒然 136
「さ」「いざ」などの語に付いて、応答のことばとして用いる。 「いざ-、ねぶたきに/源氏 若紫
( 副助 )
から転じて文中に用いられるようになったもの〕 副詞に付いて、意味を強める。 「主の娘を勾引かどわして、淫奔いたずらかわく学問は、なほ-聞きも習はぬと/浄瑠璃・袂の白絞」 〔
は、中古にはかなり自由に用いられたが、中世以降は、主として「活用語の命令形+かし」「ぞ+かし」などの形で用いられるようになる。
は近世に現れた用法。現代語では、副詞「さぞかし」の「かし」に
の残存形が見られる〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

かしの関連キーワード貸し家・貸し屋・貸家・貸屋中村仲蔵(上方系・4代)栃木県芳賀郡茂木町小井戸心の鬼が身を責める坂東寿三郎(初代)バーナリゼーションウオーターマーク貸し家・貸家中村四郎兵衛無き世語り福入り雑煮教科用図書事有れかしトピックス川岸・河岸どうかして善かれかし親切ごかし有れかし藤原河子

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

かしの関連情報