コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポストゥムス Marcus Cassianius Latinius Postumus

1件 の用語解説(ポストゥムスの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ポストゥムス【Marcus Cassianius Latinius Postumus】

?‐268
ローマ帝国内の分離国家〈ガリア帝国〉の皇帝。ガリエヌス帝の下で軍務の要職を歴任したが,259年ガリアで帝位を僭称し,この地域を簒奪(さんだつ)して,268年まで支配した。彼の軍勢はライン川辺境地域にあってゲルマン人の侵入を食い止めたので,結果的にはローマ帝国西部の秩序回復に役立ったことになる。マインツにおける反乱の鎮定にあたり,この町を占拠したが,軍隊によって殺された。【本村 凌二】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のポストゥムスの言及

【ローマ】より

…これをくいとめたのは隊商都市パルミュラであったが,その女王ゼノビアはやがて反ローマに立つ。西部ではローマの将軍ポストゥムスが独立の〈ガリア人の帝国〉をつくり,ブリタニアとスペインも輩下に入れる。フランク族はライン川下流を脅かし,ゴート族はバルカン半島からエーゲ海方面を荒らし,アラマンニ族もラインを渡り,北イタリアを劫掠してラベンナに達した。…

※「ポストゥムス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

ポストゥムスの関連キーワード社会人野球ブログ市長ファシリテーター各務原空襲石狩川液体ヘリウム極低温ヘリウムマイトネリウム伊佐[市]

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone