コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポチダイア Potidaia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ポチダイア
Potidaia

古代ギリシア,コリント (コリンソス ) の植民市 (アポイキア ) 。前 600年頃マケドニアとの通商のため,のちのエグナチア街道に沿って建設された。前 550年頃の貨幣が出土している。堅固な防塞をなし,ペルシア戦争ではアルタバゾスの攻囲に耐えた (前 480~479) 。デロス同盟に加入したが,コリントからは毎年政務官が派遣された。同盟負担金の増加のため,前 432年反抗したが,前 430年鎮圧された。アテネはここに軍事植民を送って占拠,一時カルキディケ人の手に帰したが,前 363年アテネが奪還した。前 356年マケドニアのフィリッポス2世に攻略され,オリュントス戦争 (前 348) 中に破壊されたらしい。のちに前 316年頃カサンドロスが再建し,カサンドレイアと命名した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ポチダイアの関連キーワードペリアンドロスアルキビアデスフォルミオンフィリッポス

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android