コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポチダイア Potidaia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ポチダイア
Potidaia

古代ギリシア,コリント (コリンソス ) の植民市 (アポイキア ) 。前 600年頃マケドニアとの通商のため,のちのエグナチア街道に沿って建設された。前 550年頃の貨幣が出土している。堅固な防塞をなし,ペルシア戦争ではアルタバゾスの攻囲に耐えた (前 480~479) 。デロス同盟に加入したが,コリントからは毎年政務官が派遣された。同盟負担金の増加のため,前 432年反抗したが,前 430年鎮圧された。アテネはここに軍事植民を送って占拠,一時カルキディケ人の手に帰したが,前 363年アテネが奪還した。前 356年マケドニアのフィリッポス2世に攻略され,オリュントス戦争 (前 348) 中に破壊されたらしい。のちに前 316年頃カサンドロスが再建し,カサンドレイアと命名した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android