占拠(読み)せんきょ

精選版 日本国語大辞典「占拠」の解説

せん‐きょ【占拠】

〘名〙
① 一定の場所を占有すること。一定の場所にたてこもり、他人がはいるのを拒むこと。
※民事訴訟法(明治二三年)(1890)五〇二条「総ての住家其他の建物又は其或る部分の受取、明渡、使用、占拠若くは修繕に関し」
※故旧忘れ得べき(1935‐36)〈高見順〉二「恐らくこの桜は、病院が建てられる遙か前からここを占拠してゐたのであらう」 〔宋史‐吐蕃伝〕
② 特に、他国を武力で圧伏して、その領土を支配下に置くこと。占領。
※万国公法(1868)〈西周訳〉三「一時敵に因て佔拠せられ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「占拠」の解説

せん‐きょ【占拠】

[名](スル)
ある場所を占有して他人を寄せつけないこと。「公園を占拠する」「不法占拠
占領すること。「敵の要地を占拠する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android