コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

攻囲 コウイ

デジタル大辞泉の解説

こう‐い〔‐ヰ〕【攻囲】

[名](スル)敵の城や陣地などを取り巻いて攻めること。「攻囲を解く」「敵陣を攻囲する」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

こうい【攻囲】

( 名 ) スル
包囲して攻撃すること。せめかこむこと。 「敵の城を-する」 「 -軍」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

攻囲の関連キーワードクインクチウス・カピトリヌス・バルバツス『イリアス』/『オデュッセイア』サンチョ2世(強力王)カスティリオーネの戦いシュルーズベリー(伯)ラロシェル攻囲戦サルゴン[2世]アングレーム公上杉朝定(2)和賀・稗貫一揆コリオラヌスモンテリマルカリンジャルキンキナツス武霊王[趙]プレベザの戦アレッポ城アギス3世マルケルスベリック公

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

攻囲の関連情報