コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポッテル Paulus Potter

世界大百科事典 第2版の解説

ポッテル【Paulus Potter】

1625‐54
オランダの画家,版画家。エンクハイゼンに生まれ,風景画家の父そのほかに学ぶ。1646年にデルフト,49年にハーグの画家組合に入会したのちアムステルダムに移ったが,30歳をまたずに夭折。家畜を主要モティーフとした風景画の専門家。鋭い観察に基づく仮借のない細密描写と透明な大気の表現を特徴とし,19世紀のフランスの動物画およびオランダやドイツの風景画に大きな影響を及ぼす。【高橋 達史】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ポッテルの関連キーワードJamesジェームズチャールズ1世エリザベス朝ジェームズ[1世]チャールズ[1世]ジェームズ[1世]ジェームズ1世フェルディナント3世マウリッツ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android