コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポッテル Paulus Potter

1件 の用語解説(ポッテルの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ポッテル【Paulus Potter】

1625‐54
オランダの画家,版画家。エンクハイゼンに生まれ,風景画家の父そのほかに学ぶ。1646年にデルフト,49年にハーグ画家組合に入会したのちアムステルダムに移ったが,30歳をまたずに夭折。家畜を主要モティーフとした風景画の専門家。鋭い観察に基づく仮借のない細密描写と透明な大気の表現を特徴とし,19世紀のフランスの動物画およびオランダやドイツの風景画に大きな影響を及ぼす。【高橋 達史】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ポッテルの関連キーワードアルトドルファーオランダ語オランダ商館カンペンドーミエホガースエッシャーオランダ渡りダッチオランダの犯罪

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone