ポテイダイア(読み)ぽていだいあ(英語表記)Poteidaia

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ポテイダイア
ぽていだいあ
Poteidaia

ギリシア北部、マケドニアのカルキディキ半島にあった古代都市。コリント植民市。半島随一の要所で、ペルシア戦争のとき(前480~前479)ペルシア軍の3か月の攻撃に耐えた。その後、アテネのデロス同盟に加盟したが前432年に離反し、ペロポネソス戦争が起こる直接的契機の一つとなった。2年の攻囲ののち陥落し、前404年までアテネ領となった。前363年ふたたびアテネが領有したが、前356年にマケドニアが獲得した。戦争で破壊されたが、前316年ごろカッサンドロスによりカッサンドレイアCassandreiaとして再建された。[篠崎三男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

エクストリーム出社

「エクストリーム出社」とは、早朝から観光、海水浴、登山などの遊びやレジャーを楽しんだ後、定刻までに出社する新しい通勤スタイルのことです。日本エクストリーム出社協会では、これを“エクストリーム(「過激な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android