コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポドカメンナヤトゥングスカ川 ポドカメンナヤトゥングスカがわreka Podkamennaya Tunguska

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ポドカメンナヤトゥングスカ川
ポドカメンナヤトゥングスカがわ
reka Podkamennaya Tunguska

別称スレドニャヤトゥングスカ川 Srednyaya Tunguska。ロシア中東部,東シベリア,イルクーツク州とクラヤノヤルスク地方を流れる川。エニセイ川の右岸支流。全長 1865km。流域面積 24万 km2。アンガラ丘陵北東部に源を発し,初めカタンガ川と呼ばれて北西流するが,テテレ川合流点よりポドカメンナヤトゥングスカ川となり,中央シベリア台地を西,北西,西に流れて,ポドカメンナヤトゥングスカでエニセイ川中流部に注ぐ。上流部は湿地の多い広い谷を流れるが,下流部は峡谷を流れ多くの早瀬をつくる。 10月~5月は結氷。おもな支流はチュニヤ,ベリモ。エニセイ川への合流点から 1146km上流まで航行可能。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ポドカメンナヤトゥングスカ川の関連キーワードツングースカ大爆発エニセイ山脈エベンキ

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android