ポニャトフスキ家(読み)ポニャトフスキけ(英語表記)Poniatowski

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ポニャトフスキ家
ポニャトフスキけ
Poniatowski

ポーランドの名門。ヤン・チョウェク (17世紀) に始り,マゾフシェ地方総督とクラクフ城主を歴任したスタニスワフ (1676~1762) 時代にその地位を確立。次いで,最後のポーランド王スタニスワフ2世アウグスト・ポニャトフスキ (在位 64~95) が出た。なお,この国王の兄カジミエシ公 (22~1800) が侍従として政界で重要な役割を演じ,弟ミハウ (1736~95) がポーランド大司教の地位を占めたほか,甥のユゼフ公 (63~1813) は T.コシチューシコ蜂起に参加し,ワルシャワ公国の軍事大臣,ナポレオン軍元帥として名声をはせた。さらに,この家系から出たものでは,人類学者スタニスワフ (84~1945) や政治・経済学者ユリウシュ (1886~?) ,フランスの独立共和連合の政治家ミシェル (1922~ ) らが活躍している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android