コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポホヨラ ポホヨラPohjola

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ポホヨラ
Pohjola

フィンランドの叙事詩伝説中にしばしば言及される魔女ロウヒの支配する土地。フィンランドの北方に位置する暗い陰鬱な国で,死者の国ともみられる。ラップランドと同一視されることもあり,叙事詩『カレワラ』には,ワイナモイネンイルマリネンらの英雄たちが,何度かポホヨラに遠征をしたことが物語られている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ポホヨラの関連キーワードサンポ

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android