コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポポロ・ディタリア Popolo d’Italia

世界大百科事典 第2版の解説

ポポロ・ディタリア【Popolo d’Italia】

イタリアの政治新聞。参戦論に転向して社会主義紙《アバンティAvanti》の主筆を追われたムッソリーニが1914年ミラノで創刊した。19年ムッソリーニがファシスタ党を結成するに及び,その機関紙となる。ムッソリーニの権力掌握後は,イタリアの〈公〉的意見,見解を代表する新聞として勢威を振るった。25年,そのローマ版として《ポポロ・ディ・ローマPopolo di Roma》を出す。ムッソリーニの失脚,党の解体とともに消滅した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android