ポメスティエ(英語表記)pomest'e

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ポメスティエ
pomest'e

ロシアの封建的土地所有形態。封地。最初にこの語が用いられたのは 1480年代で,士族 (ドボリャニン ) が公に勤務する代償として与えられた土地を意味した。しかし 16~17世紀になると,士族階級の政治力の増大に伴い世襲化されるようになり,ピョートル1世 (大帝〈在位 1682~1725〉) のとき,世襲地 (ボッチナ) との区分を撤廃したことにより,この土地所有形態は消滅し,すべて世襲化された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android