コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポリ塩化ビニル系合成繊維 ポリえんかビニルけいごうせいせんいpolyvinyl chloride synthetic fibre

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ポリ塩化ビニル系合成繊維
ポリえんかビニルけいごうせいせんい
polyvinyl chloride synthetic fibre

ポリ塩化ビニルを主原料として紡糸した繊維。 1938年ドイツで PC (ペーツェー) ,50年フランスでロービル,サーモビルが発表され,日本では 54~56年にフィラメント糸としてテビロン,ビクロン,エンビロンなどの生産が開始された。ポリ塩化ビニルをアセトンベンゼン,あるいはアセトン,二硫化炭素で溶解して乾式紡糸する。また繊度の大きいモノフィラメントは,ポリ塩化ビニルを溶融押出し紡糸してつくる。比重は羊毛に近く軽いが,吸水性はない。よごれにくく,耐薬品性,保温性,不燃性,電気絶縁性をもつが,染色困難で,熱には弱い。ふとん綿,漁網,漁具,ろ布,電気被覆などに用いられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ポリ塩化ビニル系合成繊維の関連キーワードPC繊維

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android