コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポルツス ポルツスPortus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ポルツス
Portus

古代イタリアの港。テベレ川の堆積土でオスチア港が危険になったため,ローマ皇帝クラウディウス1世 (在位 41~54) のときオスチア北方に突堤が築かれ,人工港として建設され,ローマの外港として重要な役割を果した。トラヤヌス帝 (在位 98~117) が補強,次第に都市としても発展した。 408年西ゴートアラリック1世に攻略されたがまもなく復興。9世紀には沈泥のため役に立たなくなったが,1618年トラヤヌス運河が浚渫され,港として再開された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報