コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポルツス Portus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ポルツス
Portus

古代イタリアの港。テベレ川の堆積土でオスチア港が危険になったため,ローマ皇帝クラウディウス1世 (在位 41~54) のときオスチア北方に突堤が築かれ,人工港として建設され,ローマの外港として重要な役割を果した。トラヤヌス帝 (在位 98~117) が補強,次第に都市としても発展した。 408年西ゴートのアラリック1世に攻略されたがまもなく復興。9世紀には沈泥のため役に立たなくなったが,1618年トラヤヌス運河が浚渫され,港として再開された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ポルツスの関連キーワードアラリック

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android