外港(読み)がいこう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

外港
がいこう

(1) outer harbor 主要港の機能の一部を分担する港湾,または後背の大都市の港湾の役割を果すものをいう。仙台における塩釜,港湾整備以前の東京における横浜などがその例にあたる。 (2) outer port 港内を閘門によって2分したとき,外海に直接つながる港域を外港,閘門の内側にあって,潮汐の影響を直接こうむらない港域を内港と呼ぶ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

がい‐こう〔グワイカウ〕【外港】

港のない大都市の近くにあって、その都市の物資の積み下ろしなどをする港。
港の一部で、防波堤の外側の区域。船が仮泊したり、沖荷役を行う海域。⇔内港

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

外港【がいこう】

ある都市に近接して旅客,貨物の出入口になる港をその都市の外港という。ハノイに対するハイフォンなど。また防波堤で保護され桟橋,岸壁などを設けた内港に対し,その外側の港域を外港と呼び,都市発展に伴う工業港の新設などの例が多い。
→関連項目神戸港

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

がいこう【外港】

港湾の一部で、船舶が港に入る前に一時停泊する所。また、港湾に設けられた防波堤の外側にある水域。 ⇔ 内港
大都市の近くにあって、その都市の必要物資の積み降ろしをする港。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

がい‐こう グヮイカウ【外港】

〘名〙
① 港の一部で防波堤の外側の部分。船舶が仮泊したり沖荷役を行なう海域。⇔内港。〔新しき用語の泉(1921)〕
② ある都市に近接してその門戸の役割を果たす港。
※オリンポスの果実(1940)〈田中英光〉一四「ロスアンゼルスへの外港、サンピイドロの海は」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

外港の関連情報