外港(読み)がいこう

  • がいこう グヮイカウ
  • がいこう〔グワイカウ〕

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

(1) outer harbor 主要の機能の一部を分担する港湾,または後背の大都市の港湾の役割を果すものをいう。仙台における塩釜,港湾整備以前の東京における横浜などがその例にあたる。 (2) outer port 港内を閘門によって2分したとき,外海に直接つながる港域を外港,閘門の内側にあって,潮汐の影響を直接こうむらない港域を内港と呼ぶ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

港のない大都市の近くにあって、その都市の物資の積み下ろしなどをする港。
港の一部で、防波堤の外側の区域。船が仮泊したり、沖荷役を行う海域。⇔内港

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

ある都市に近接して旅客,貨物の出入口になる港をその都市の外港という。ハノイに対するハイフォンなど。また防波堤で保護され桟橋,岸壁などを設けた内港に対し,その外側の港域を外港と呼び,都市発展に伴う工業港の新設などの例が多い。
→関連項目神戸港

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

港湾の一部で、船舶が港に入る前に一時停泊する所。また、港湾に設けられた防波堤の外側にある水域。 ⇔ 内港
大都市の近くにあって、その都市の必要物資の積み降ろしをする港。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 港の一部で防波堤の外側の部分。船舶が仮泊したり沖荷役を行なう海域。⇔内港。〔新しき用語の泉(1921)〕
② ある都市に近接してその門戸の役割を果たす港。
※オリンポスの果実(1940)〈田中英光〉一四「ロスアンゼルスへの外港、サンピイドロの海は」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ブルーインパルス

航空自衛隊に所属し華麗なアクロバット飛行(展示飛行)を披露する専門チーム。現在のチームは3代目となり、正式名称は宮城県松島基地の第4航空団に所属する「第11飛行隊」。チーム名の「青い衝撃」の意にちなん...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android