コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポルトの大寺院 ポルトのだいじいん

世界の観光地名がわかる事典の解説

ポルトのだいじいん【ポルトの大寺院】

ポルトガル北西部の同国第2の都市で、港湾都市のポルト旧市街を見渡すことができるテレイロダセ(Terreiro da Sé)の丘にある聖堂。同市内で最も古い建物である。この町には5~6世紀の間に司教座が置かれたが、現在の建物は、フーゴ司教の後援のもとで1110年ごろに着工し、13世紀にその原型が完成した。当時イスラム勢力に備える要塞としても使われたともいわれる。その後、1333年ごろに葬祭用礼拝堂のゴシック様式のジョアンゴルド礼拝堂、さらに15世紀ごろまでには回廊が、さらに18世紀には塔やドームの大規模な改築が行われ、聖堂正面や側廊側のファザードや内装がバロック様式に改築されるなど、ロマネスク様式に、ゴシック、バロックなどのさまざまな建築様式が混在する建物になっている。この聖堂のほか、クレリゴス教会、ボルサ宮、サンフランシスコ教会などがある旧市街が「ポルトの歴史地区」として、世界遺産に登録されている。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android