ポン・ジュノ(読み)奉 俊昊(英語表記)Bong Jun-ho

現代外国人名録2016の解説

職業・肩書
映画監督,脚本家

国籍
韓国

生年月日
1969年9月14日

出生地
テグ

学歴
延世大学社会学科卒,韓国映画アカデミー〔1995年〕卒

受賞
シニョン青少年映画祭奨励賞(短編映画部門)「白色人」,香港国際映画祭映画批評家賞「吠える犬は嚙まない」,ミュンヘン映画祭新人監督賞「吠える犬は嚙まない」,大鐘賞監督賞〔2003年〕「殺人追憶」,東京国際映画祭アジア映画賞(第16回)〔2003年〕「殺人の追憶」,アジアン・フィルム・アワード作品賞(第1回)〔2007年〕「グエムル 漢江怪物」,大鐘賞監督賞(第44回)〔2007年〕「グエムル」,アジア映画賞(最優秀作品賞,第4回)〔2010年〕「母なる証明」,青龍賞作品賞(第31回)〔2010年〕「母なる証明」,青龍賞監督賞(第34回)〔2013年〕「スノーピアサー

経歴
韓国映画アカデミー在学中に撮った短編映画「フレームの中の記憶」「支離滅裂」がバンクーバー国際映画祭と香港国際映画祭に招待され注目を浴びる。「モーテルカクタス」(1997年)の助監督、「幽霊(ファントム)」(’98年)の脚本家を経て、2000年「フランダースの犬」(邦題「吠える犬は嚙まない」)で長編監督デビュー。2003年2作目の「殺人の追憶」が韓国内で大ヒットを記録し、大鐘賞で監督賞と作品賞を受賞。続く2006年の「グエムル 漢江の怪物」は韓国の観客動員記録を更新、アジアン・フィルム・アワード作品賞など受賞。2009年には「母なる証明」(キム・ヘジャ,ウォンビン主演)がカンヌ国際映画祭のある視点部門に正式出品され、好評を得る。また韓国内で青龍賞作品賞を獲得した他、国内外でさまざまな賞を受賞。他の作品に「TOKYO!〈シェイキング東京〉」(日・仏・韓合作のオムニバス,2008年)、「人類滅亡報告書」(2012年)、「スノーピアサー」(2013年)など。“韓国の黒沢明”“韓国のスティーブン・スピルバーグ”などと呼ばれる。

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2016」現代外国人名録2016について 情報

今日のキーワード

ソーシャル・ディスタンシング

感染症の予防戦略の一つで、有効な治療薬や予防薬などがない重大な感染症が国や地域に侵入した場合に、人の移動や社会・経済活動に制限を加えて、人同士の接触を減らす取り組みのこと。例えば、学校・保育施設の一時...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ポン・ジュノの関連情報