コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黒沢明 くろさわあきら

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

黒沢明
くろさわあきら

[生]1910.3.23. 東京
[没]1998.9.6. 東京
映画監督。京華学園中学校卒業。 1936年 PCL (東宝の前身) に入社。山本嘉次郎助監督を経て,1943年『姿三四郎』でデビュー。以後常にダイナミックな劇構成,すぐれた造型美の話題作を発表。滝川事件ゾルゲ事件をモデルにした『わが青春に悔なし』 (1946) ,『素晴らしき日曜日』 (1947) ,『酔いどれ天使』 (1948) ,『野良犬』 (1949) で人間性豊かに第2次世界大戦後の風俗を追求,『羅生門』 (1950) はベネチア国際映画祭サン・マルコ金獅子賞を受け,日本映画の海外進出に大きく貢献した。以後,現代劇『白痴』 (1951) ,『生きる』 (1952) ,『生きものの記録』 (1955) ,『天国と地獄』 (1963) ,『どですかでん』 (1970) ,時代劇『七人の侍』 (1954) ,『蜘蛛巣城』 (1957) ,『どん底』 (1957) ,『用心棒』 (1961) ,『椿三十郎』 (1962) ,『赤ひげ』 (1965) を発表。 1975年にはソビエト連邦に招かれ『デルス・ウザーラ』を監督するなど国際的にも活躍,『影武者』 (1980) でカンヌ国際映画祭のグランプリを獲得。 1984年フランスよりレジオン・ドヌール勲章,翌 1985年映画人として初の文化勲章を受けた。同年『リア王』を翻案した『』を発表。 1990年には,アカデミー賞名誉賞を受賞。晩年まで創作意欲は衰えず 1990年『夢』,翌 1991年『八月の狂詩曲 (ラプソディー) 』と新作を発表し続けた。内田百 閒原作の『まあだだよ』 (1993) が最後の作品。没後国民栄誉賞が贈られた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

黒沢明 くろさわ-あきら

1910-1998 昭和-平成時代の映画監督。
明治43年3月23日生まれ。昭和11年PCL(のちの東宝)に入社。18年「姿三四郎」で監督デビュー。「酔どれ天使」などを製作。26年「羅生門」でベネチア国際映画祭グランプリを獲得。「生きる」「七人の侍」「用心棒」などをつぎつぎと発表し,世界からたかい評価をえる。のち海外資本と提携して「乱」などを製作。ダイナミックなアクション表現やヒューマニズムを基調とした作品に特色がある。60年文化勲章。平成10年9月6日死去。88歳。没後,国民栄誉賞。東京出身。京華学園中学卒。
【格言など】私は,一本の作品ごとに,様々な一生を暮して来た。映画の上で様々な人生を経験して来た(「蝦蟇の油」)

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

くろさわあきら【黒沢明】

1910-98(明治43-平成10)
第2次世界大戦中にデビューして戦後の日本映画史を形成したもっとも重要な存在といえる映画作家。東京生れ。画家志望であったが,1936年,PCL(同年,東宝に合併)に入社。主として山本嘉次郎(エノケン喜劇や高峰秀子主演の《綴方教室》1938,《》1941)の助監督につき,1943年《姿三四郎》で監督になる。独特の精神主義とリアリズムに徹した映画的技術を2本の柱にして,敗戦後の日本の精神的・物質的状況をダイナミックに分析し(《わが青春に悔なし》1946,《素晴らしき日曜日》1947,《酔いどれ天使》1948,《野良犬》1949),《羅生門》(1950)では,芥川竜之介の《藪の中》に基づく独創的な構成と映像で,世界の映画界を驚嘆させた(ベネチア映画祭グラン・プリ,アカデミー外国語映画賞受賞)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

くろさわあきら【黒沢明】

1910~1998) 映画監督。東京生まれ。躍動的で重厚な面白さに溢れた作品によって、つねに戦後映画の中心的存在と目され、内外の映画界に多大な影響を与えた。「羅生門」「生きる」「七人の侍」「用心棒」「影武者」など。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の黒沢明の言及

【生きる】より

黒沢明監督の1952年作品。《白痴》(1951)と《七人の侍》(1954)の中間に作られた。…

【榎本健一】より

…むしろ,完全に残っている中川信夫監督の《エノケンの頑張り戦術》(1939)の,にせあんまエノケンと客の如月寛多のマッサージからレスリングもどきにエスカレートするどたばたを,長回しで撮ったしつっこいおかしさに舞台の味がうかがわれる。ほかに,長谷川一夫と共演したマキノ正博(雅弘)監督の《待って居た男》(1942)や,敗戦前後に作られた黒沢明監督の《虎の尾を踏む男達》(1952公開)などに,異色の役どころで好演。後者については黒沢が〈顔で笑って目で泣いてくださいと注文したら,まさにぴったりの表情をしてくれた〉と語っている。…

【隠し砦の三悪人】より

…日本映画。1958年製作の黒沢明監督の初のシネマスコープ作品。戦国時代,男に変装した姫君(上原美佐)を護衛して,忠臣の武将(三船敏郎)が,金に目のくらんだ愚かな2人の百姓(千秋実と藤原釜足)をうまく味方につけて,少数のゲリラ部隊のように敵中突破するという,日本映画には稀有(けう)なスケールの大きい骨太の大活劇。…

【活劇映画】より

… これらの作品には外国映画を模倣したものが数多く,ジョセフ・フォン・スタンバーグ監督の《暗黒街》(1927),《非常線》(1928),《紐育の波止場》(1929),ジョン・フォード監督の《三悪人》(1925),ハワード・ホークス監督の《暗黒街の顔役》(1930,32)などが大きな影響を与えており,それはさらにギャング映画の流行となって,村田実監督,中野英治主演《摩天楼》(〈争闘篇〉1929,〈愛欲篇〉1930),田坂具隆監督,小杉勇主演《昭和新撰組》(1932),小津安二郎監督,岡譲二主演《非常線の女》(1933)などを生み出した。やがて第2次世界大戦の進展とともに,映画興行も制限され,外国活劇のヒットは見られたものの,日本の活劇は,わずかに黒沢明の柔道映画《姿三四郎》(1943),《続・姿三四郎》(1945)を例外として,戦争活劇が主体になっていった。
[戦後の活劇]
 戦後の活劇の隆盛をもたらしたのは新会社,東映で,前身の東横時代から,占領軍による時代劇規制のもと,時代劇スターが現代劇に出演,片岡千恵蔵の《多羅尾伴内》シリーズ(1947‐60)や《にっぽんGメン》(1948),市川右太衛門の《ジルバの鉄》(1950),両者共演の《難船崎の決闘》(1950)などがつくられ,これらの探偵活劇や暗黒街活劇は〈時代劇王国〉東映のもう一つの顔になった。…

【七人の侍】より

…西部劇のスケールの大きさを日本映画にとり入れた黒沢明監督の時代劇。1954年製作。…

【姿三四郎】より

…これが彼の出世作となった。苦学しながら警視庁の武術試合に出場するまでにいたる柔道家を描いた物語だが,1943年に黒沢明の監督第1作として映画化されたことで一躍評判となった。また,いわゆる名勝負物語として,小菅一夫脚色で浪曲化され,落語家式のすわり高座で売った2代広沢菊春(1916‐64)が十八番にしていた。…

【酔いどれ天使】より

…1948年製作の東宝映画。黒沢明監督作品。戦後の貧しい青春を描いた《素晴らしき日曜日》(1947)につづいて,脚本は植草圭之助とのコンビによっている。…

【用心棒】より

…1961年製作の日本映画。黒沢明監督,東宝/黒沢プロダクション作品。汚職を社会悪としてとり上げた《悪い奴ほどよく眠る》(1960)につづく黒沢プロダクション(1959設立)の第2回作品で,脚本は菊島隆三と黒沢の合作。…

【羅生門】より

…1950年製作の日本映画。黒沢明監督作品。芥川竜之介の短編小説《藪の中》を基に,《羅生門》からのエピソードも加えて,橋本忍と黒沢が共同で脚本を書いた。…

【わが青春に悔なし】より

…1946年製作の東宝映画。黒沢明監督の戦後第1作(《虎の尾を踏む男達》が終戦直後に完成していたが,占領軍の検閲によって公開を保留され,1952年まで公開されなかった)。木下恵介監督の戦後第1作《大曾根家の朝》(1946)とともに戦後の日本の〈民主主義映画〉のさきがけをなした名作で,脚本は《大曾根家の朝》の脚本も書いている戦前からの社会主義リアリズムの劇作家久板(ひさいた)栄二郎である。…

※「黒沢明」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

黒沢明の関連キーワードウラジミル アルセーニエフムーランルージュ新宿座ドナルド リチーオムニバス映画隠し砦の三悪人極東の先住民族ジャコ万と鉄矢野口 文雄矢口 陽子ワダ エミ久板栄二郎殺陣師段平清川 荘司村木与四郎高堂 国典村田喜代子矢野口文雄銀嶺の果て藤原釜足藤田 進

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

黒沢明の関連情報