コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポン教 ポンきょう Bon

2件 の用語解説(ポン教の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ポン教
ポンきょう
Bon

チベットのム dMu族が信奉した招福排禍の呪術的信仰。ム族と古くに婚姻関係で結びついたピャー Phyva族,すなわちのちの吐蕃王家もこれを信奉し,ム族の故郷シャン・シュンやム・ピャー族を父系にもった金川の東女国,すなわちスムパの地なども含めて,仏教以前のチベットに広く行われた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ポン教

中央アジアの土着的宗教の一つ。ポン教の歴史は大まかに3時期に分けることができる。5世紀ごろまでの第1期は悪霊を制圧し、精霊を崇拝するかたちの宗教だった。8世紀前半までの第2期は死者儀礼が中心で、8世紀後半以降の第3期では仏教との対決に敗北した後、仏教の影響を強く受け、悟りという個人の精神的至福も追求する宗教へ変わった。開祖はシェンラプ・ミボ(最も優れた大人の意)とされる。シェンラプ・ミボはトンパ・シェンラプ(トンパは導師の意)とも呼ばれる

(2009-07-11 朝日新聞 夕刊 こころ)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ポン教の関連キーワードオシ中央アジア宗教史アジアンポップス花剌子模中央アジアの草原にてセントラル・エイジアン・シープドッグカラテペ(中央アジア)中央アジア大暴動《中央アジアの草原にて》

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ポン教の関連情報