コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポートブライア Port Blair

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ポートブライア
Port Blair

インドアンダマン・ニコバル連邦直轄地の行政庁所在地。ベンガル湾東部,アンダマン諸島のサウスアンダマン島東岸に位置。 1789年イギリス軍に占領され,ポートコーンウォリスと命名された。まもなく放棄されたが,1857年イギリスの流刑植民地として再建され,現在名となった。第2次世界大戦中の3年間,日本軍が占領。インドに返還 (1945) 後,流刑地は廃止。 1947年の独立後,直轄地の行政庁所在地となった。同諸島の主要港で,木材製品,魚介類などを積み出す。コルカタ (カルカッタ) とチェンナイ (マドラス) に定期航路が通じる。人口 10万 186 (2001) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android