定期航路(読み)ていきこうろ(英語表記)regular line

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

定期航路
ていきこうろ
regular line

始発港,途中寄港地,終着港をあらかじめ決められた航海日程に従って船舶が就航する航路をいう。この航路に就航する船舶が定期船で,公示された航海日程に従って,旅客や貨物の有無にかかわらず,運賃表に定められた運賃によって,広く一般の荷主からの貨物を運送する。定期航路では海運同盟が結成される。外国向けの外航定期航路と国内近海を結ぶ内航定期航路とがあるが,一般的には外航をさす。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ていき‐こうろ ‥カウロ【定期航路】

〘名〙 船舶が定期的に航行する航路。
※逓信史要(1898)〈逓信省編〉三「第十二期前半年度末に於ける該社定期航路の詳細は」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の定期航路の言及

【航路】より

…航路は世界各地の物流形態に応じて,航路網として組み立てられており,例えば,日本を起点とする場合には,その仕向港に応じて欧州航路,北米航路などと呼ばれる幹線航路とそれに接続する支線航路がある。運用上からは船が定期的に運航する定期航路と不定期に運航する不定期航路があり,そのほか,主として航行する船舶の船種,大きさによって,貨物船航路,タンカー航路,客船航路,大型船航路,小型船航路などと,また,航行区域と関連づけて遠洋航路,近海航路,沿海航路,平水航路などと慣用的に呼称されることもある。 日本で航路という名称が用いられるようになったのは明治以降であり,江戸時代には〈回り〉という言葉が使われ,例えば,江戸~大坂間は〈表回り〉,秋田付近から大坂へは〈北前回り〉などと呼ばれていた。…

※「定期航路」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

定期航路の関連情報