コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポーハタン Powhatan

翻訳|Powhatan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ポーハタン
Powhatan

17世紀初め頃バージニア海岸地域を占めた 30ほどのアルゴンキン語系のアメリカインディアンの連合。 1607年ジェームズタウンに植民地が建設される少し前,大族長ワフンソナクック (当時の植民者にはポーハタンとして知られていた) によって 200ほどの村から成る連合が形成されていた。彼の娘ポカホンタスは,イギリス人植民者 J.ロルフと結婚,その後白人と友好的関係が続いたが,植民者の開拓地拡大に伴って,22年ポーハタン族の蜂起があり,350人の白人植民者が殺害された。その結果植民者の復讐戦も展開され,44年ワフンソナクックの弟オペチャカヌウによる決死の反撃が試みられたが敗北した。敵対関係はその後も長く続き,1831年 N.ターナーの奴隷反乱の際,黒人と混血していたポーハタン族は追放された。約 3000人のポーハタン族がバージニア海岸地方に散在しているとみられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ポーハタンの関連キーワードハリス(Townsend Harris)HarrisTownsend万延元年遣米使節日米修好通商条約ベッテルハイム安政五か国条約安政五ヵ国条約幕末遣外使節アシュリーブルック新見正興咸臨丸

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android