ポーランド同胞教団(読み)ポーランドどうほうきょうだん(英語表記)Bracia polscy

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ポーランド同胞教団
ポーランドどうほうきょうだん
Bracia polscy

アリアニン派とも呼ばれる。宗教改革期のポーランドの急進的新教派。 1562~65年の宗教会議でカルバン教会から分離人文主義,反三位一体説,モラビア再洗礼派の影響を受けた。最左派は私有財産,身分差別,国家権力,戦争に反対し,賦役領主制,農奴制,市民階級卑下を批判した。南部ポーランドのラクフに学芸センターを設立し,教育・文化水準の向上,ポーランド文学の発展に大きく貢献。対抗宗教改革の結果,1658年国外に追放され,ヨーロッパ各地に離散

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android