コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポーンペイ[島] ポーンペイ

百科事典マイペディアの解説

ポーンペイ[島]【ポーンペイ】

西太平洋,カロリン諸島東部の島。ミクロネシア連邦に属する。火山島で,周囲を堡礁(ほしょう)がとりまく。サトウキビの栽培などが行われる。かつてシャウ・テレウル王朝が栄えたといわれ,先住民のナン・マトル遺跡などがある。旧称〈ポナペ島〉を1984年,現地音に近い現名に改称。345km2。3万6196人(2010)。
→関連項目ミクロネシア

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内のポーンペイ[島]の言及

【ポナペ[島]】より

…ミクロネシア連邦に属する。現地ではポーンペイ島Pohnpei Islandと呼ぶ。人口3万3000(1994)。…

※「ポーンペイ[島]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ポーンペイ[島]の関連キーワードポナペ[島]

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android