コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マアディ文化 マアディぶんか

世界大百科事典 第2版の解説

マアディぶんか【マアディ文化】

前4千年紀末のエジプト先王朝期の文化。下エジプトの先王朝最後の文化で,第1王朝直前にあたる。カイロの南郊約15kmにあるナイル川東岸のマアディal‐Maadiを標準遺跡とする。1930年代にO.メンギンらによって発掘された。貯蔵穴をもつ住居址が発見されているが,墓域は明らかにされていない。スレート製パレット,彩文土器,波状把手付土器など,上エジプトのゲルゼ文化(ナカーダII文化)のものとよく似た内容をもつ遺物も多く発見されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

マアディ文化の関連キーワードマアディ遺跡

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android