コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

貯蔵穴 ちょぞうけつ

世界大百科事典 第2版の解説

ちょぞうけつ【貯蔵穴】

食料などを蓄えるため地中に掘りくぼめた〈あなぐら〉。屋内に作りつけたものと屋外に設けたものとがあり,後者には,蓋あるいは屋根を備えた跡をとどめるものがある。平面円形で口広く底の狭いのが一般だが,屋外の貯蔵穴には,逆に底の方を広く作ったものもある。概して屋内の貯蔵穴は小さくて浅く(径・深さとも数十cm),屋外の貯蔵穴は大きく深い(1~3m)。現在知られている最古の貯蔵穴は,後期旧石器時代(約2万年前)に属し,屋内の貯蔵穴,屋外の貯蔵穴ともに建築材・骨器の素材としてマンモスの骨が蓄えてある(ロシアのコスチョンキ遺跡群,ドブラニチェフカ)。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

貯蔵穴
ちょぞうけつ

食糧などを地中に蓄える穴蔵。古代には集団生活を維持するうえに重要な役割を果たした。縄文時代の前・中期、東北から関東地方の遺跡では数十ないし数百の群集した穴がよくみつかる。深さ1~2メートルの口が狭く底が平坦(へいたん)な穴で袋状土壙(ふくろじょうどこう)などとよばれる。ドングリ、トチなど堅果類を共同の食糧として備蓄したらしい。栃木県槻沢(つきのきざわ)遺跡では大量の土器や獣骨、炭化物片の出土例があり、廃絶後の穴には食糧残滓(ざんし)などを投棄したことがわかる。類例は弥生(やよい)時代の前・中期に北九州から関門地方でみられる。米など食糧を集落で共同管理したもの。古墳時代には竪穴(たてあな)住居内に貯蔵穴をつくった。東国では竈(かまど)と結び付いた「台所セット」として一時期盛行した。[海老原郁雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の貯蔵穴の言及

【竪穴住居】より

…北海道では縄文時代早~前期と続縄文期,関東地方では縄文時代中・後期にみられる張出し部も,出入口施設である。貯蔵穴は縄文~弥生時代を通じて出入口脇に設けることが多いが,その位置は必ずしも定まっていない。古墳時代に竈が出現すると,竈と反対側壁面の中央またはコーナーから,しだいに竈の左または右側に設けるようになる。…

※「貯蔵穴」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

貯蔵穴の関連キーワードバスケットメーカー文化綾羅木郷台地遺跡旧島原藩薬園跡西鹿田中島遺跡皇娘娘台遺跡大湯環状列石田熊石畑遺跡マアディ文化吉野ヶ里遺跡綾羅木郷遺跡ハッスナ文化高根木戸遺跡廟底溝遺跡下谷地遺跡天王山遺跡三原田遺跡夏家店遺跡坂の下遺跡屈家嶺遺跡井上山遺跡

今日のキーワード

MERY

ファッション情報を中心とした女性向けデジタルメディア。運営元は株式会社MERY。2013年、株式会社ペロリによって創設された。同社が株式会社ディー・エヌ・エーの子会社となった14年以降も運営は継続され...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

貯蔵穴の関連情報