コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マイクログリッド まいくろぐりっどmicrogrid

知恵蔵の解説

マイクログリッド

既存の大規模発電所からの送電電力にほとんど依存せずに、エネルギー供給源と消費施設をもつ小規模なエネルギー・ネットワーク。エネルギー供給源としては分散型電源(太陽光発電風力発電バイオマス発電コジェネレーションなど)がある。その間欠的なエネルギー供給特性を補い、住宅、オフィス、学校などのエネルギー需要特性と適合させるよう、情報通信技術を利用してネットワーク全体を管理運転することが特徴。

(槌屋治紀 システム技術研究所所長 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

マイクログリッド

太陽光や風力バイオマスなど二酸化炭素排出量の少ない発電施設や蓄電池などを組み合わせて学校や病陰団地など特定地域に電力を供給するシステム。

(2007-02-22 朝日新聞 朝刊 青森全県 2地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

デジタル大辞泉の解説

マイクロ‐グリッド(micro grid)

《「小規模発電網」の意》電力を必要とする都市部などから離れた場所に作られる大規模、集中発電方式に対し、太陽光発電風力発電・生物資源利用・燃料電池など小規模の発電施設を地域内に作って連結し、その電力需要をまかなおうという構想。建設費用が安価で、送電によるエネルギーロスが少ないなどのメリットがある。分散型電力網。分散型電源。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

マイクログリッドの関連キーワードガスタービン発電太陽光

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android