コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

分散型電源 ぶんさんがたでんげんdispersed type power station

1件 の用語解説(分散型電源の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

分散型電源
ぶんさんがたでんげん
dispersed type power station

従来の電力供給が,主にスケールメリットを追求した大規模集中型電源方式によって行なわれてきたのに対して,電源を各需要地に近接して分散配置をすること。たとえば,ガスエンジン,ガスタービンなどで発電し,排熱を熱供給に利用し,省エネルギーを図るコジェネレーション・システム,風力発電設備,電力貯蔵用電池,太陽電池燃料電池などがあげられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

分散型電源の関連情報