コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

分散型電源(読み)ぶんさんがたでんげん(英語表記)dispersed type power station

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

分散型電源
ぶんさんがたでんげん
dispersed type power station

従来の電力供給が,主にスケールメリットを追求した大規模集中型電源方式によって行なわれてきたのに対して,電源を各需要地に近接して分散配置をすること。たとえば,ガスエンジン,ガスタービンなどで発電し,排熱を熱供給に利用し,省エネルギーを図るコジェネレーション・システム,風力発電設備,電力貯蔵用電池,太陽電池,燃料電池などがあげられる。今後の導入については,既存の電力供給システムとの関係,電力の質の確保などについて制度面を含めた適切な調整が必要とされる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

分散型電源の関連情報