コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マイクロジェットビジネス機 まいくろじぇっとびじねすきmicro business jet

1件 の用語解説(マイクロジェットビジネス機の意味・用語解説を検索)

知恵蔵の解説

マイクロジェットビジネス機

開発中のセスナマスタングエクリプス・エビエーション社エクリプス500に代表される総重量4.5t以下の社用・自家用小型ジェット機。3.5t以下はウルトラライトとも分類される。従来はプロペラの双発機が使われていた分野だが、小推力で燃費が改善されたジェットエンジンの出現で、開発が具体化した。N類の機体になるのでパイロット1人で運航でき、エアタクシーとしての利用が期待されている。米航空宇宙局(NASA)の推測では、2010年までに5000機が生産される。

(鳥養鶴雄 元日本航空機開発協会常務理事 技術士(航空機部門) / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
知恵蔵について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone