コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マイクロジェットビジネス機 まいくろじぇっとびじねすき micro business jet

1件 の用語解説(マイクロジェットビジネス機の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

マイクロジェットビジネス機

開発中のセスナマスタングエクリプス・エビエーション社エクリプス500に代表される総重量4.5t以下の社用・自家用小型ジェット機。3.5t以下はウルトラライトとも分類される。従来はプロペラの双発機が使われていた分野だが、小推力で燃費が改善されたジェットエンジンの出現で、開発が具体化した。N類の機体になるのでパイロット1人で運航でき、エアタクシーとしての利用が期待されている。米航空宇宙局(NASA)の推測では、2010年までに5000機が生産される。

(鳥養鶴雄 元日本航空機開発協会常務理事 技術士(航空機部門) / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マイクロジェットビジネス機の関連キーワードJavaスクリプトキャプスタンムスタングセスナエクリュマスタングエクリプスブイビースクリプトRIPScripリプスクリプ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone