コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マイケル・チャン まいける・ちゃんMichael Chang

2件 の用語解説(マイケル・チャンの意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

マイケル・チャン

元プロテニスプレーヤー。1972年2月22日、米国ニュージャージー州生まれの台湾系アメリカ人。88年にプロ入りし、翌89年には「全仏オープン」で初優勝を果たした。17歳3カ月での4大大会初優勝は、史上最年少記録。92年、全米オープン準決勝では、ステファン・エドベリを相手に同大会の最長試合記録である5時間26分をかけ破れた。体格に恵まれなかったため、ベースラインで粘り強くボール拾い続けるプレースタイルで「最もメンタルが強い選手」とも称された。94年「ウィンブルドン大会」8位、95年「全仏オープン」2位、96年「全豪オープン」「全米オープン」2位と第一線で活躍し続け、2003年の全米オープンを最後に31歳で現役を引退。自己最高世界ランクは2位(96年)、生涯獲得タイトルシングルス34勝。08年7月には、国際テニス殿堂入りを果たした。

(2014-9-8)

出典|朝日新聞出版
知恵蔵miniについて | 情報

知恵蔵の解説

マイケル・チャン

中国系アメリカ人の元男子プロテニス選手。1972年2月22日、米ニュージャージー州出身。台湾から米国に移住した両親の間に生まれる。右利き、バックハンド・ストロークは両手打ち。身長175センチメートルと男子テニス選手としては小柄ながら、俊敏さを生かしたベースラインプレーヤーとして活躍した。
グランドスラムデビューは、主催者推薦による87年の全米オープンで、15歳での出場は当時史上最年少。88年プロ入り。初優勝は、17歳3カ月で制した89年全仏オープンで、これは現在も破られていない4大大会の男子シングルス最年少優勝記録である。この勝利によって、史上最年少で世界ランク5位となる。自己最高ランキングは、シングルス世界2位(96年9月9日)、ダブルス世界199位(93年4月19日)。
通算成績は662勝312敗、ツアー優勝回数は34。全仏優勝を除く4大大会シングルスの主な成績は、全仏オープン(95年)、全豪オープン(96年)、全米オープン(96年)のそれぞれ準決勝。2003年の全米オープンを最後に、現役を引退。引退後は、1999年に設立した「チャンファミリー財団」を通じ、キリスト教に基づく慈善事業を行っている。2008年7月12日に国際テニス殿堂入りを果たした。ピートサンプラスアンドレアガシ、ジム・クーリエと共に、「アメリカ人テニスプレーヤーの最も偉大な世代」、「ファブ・フォー(fabulous four:すばらしき4人)」と称される。
日本での試合出場の機会も多く、日本人選手としては松岡修三と最も多く対戦したと言われる。伊達公子や杉山愛とミックスダブルスで共にプレーしたこともある。11年11月、エキシビジョンマッチとして有明コロシアムで錦織圭と対戦。この時、チャンは錦織に「トップ選手と戦う上で、相手を尊敬しすぎて、気後れするな」と心構えに関する助言をしたという。
錦織からの依頼で、13年12月からコーチを務めている。トッププロを指導した実績はないが、錦織はチャンに依頼した理由として、「目標である世界ランキングのトップ10入りを果たし、その位置を保つには、その厳しさを経験で知る人の助言を受けたい気持ちが芽生えてきた。僕よりも背が低いし、プレースタイルも似た面がある」と語っており、チャンはコーチ就任時に「圭のテニス人生のゴールが世界17位とか、トップ50にいることなら、僕は必要ない。でも、圭のゴールはもっと上にある。それを後押ししたい」と語っている。コーチを引き受ける上での条件として、「家族と常に一緒にいること」を挙げており、遠征先にも家族と共に移動する。
14年9月の全米オープンでは、錦織の決勝の対戦相手チリッチのコーチが、チャンの現役時代のライバル、イワニセビッチであり、指導者としての2人の対決にも注目が集まった。
好きな食べ物中華料理。愛読書は聖書。テニス以外には、ゴルフや釣りを楽しむ。

(葛西奈津子 フリーランスライター/2014年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
知恵蔵について | 情報

マイケル・チャンの関連キーワード堀内恒夫東映(株)日中関係田中角栄内閣頭脳警察あがた森魚日本赤軍ふしぎなメルモテレビドラマプロヴォーク

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

マイケル・チャンの関連情報