マガタマニラ(読み)まがたまにら

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マガタマニラ
まがたまにら / 勾玉韮
[学]Bathyphysa grimaldi

腔腸(こうちょう)動物門ヒドロ虫綱管(くだ)クラゲ目ボウズニラ科に属する海産動物。群体をつくっており、長さ40センチメートル以上に達する幹からはところどころより枝を出しており、それら幹や枝の上にはさまざまな個虫が不規則に着生している。頂上の気胞体は長さ2センチメートルほどの紡錘形で、その下の幹上には勾玉状をした栄養体があり、それら栄養体のなかには気胞を含むものがある。幹や枝上には糸状の短い触手や生殖体もみられる。深海にすみ駿河(するが)湾の深所から得られたほか、大西洋からも知られている。[山田真弓]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android