コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マキーン al‐Makīn

1件 の用語解説(マキーンの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

マキーン【al‐Makīn】

1205‐73
アラブキリスト教徒歴史家。カイロで生まれダマスクスで没す。イブン・アルアミードIbn al‐‘Amīdという名で知られている。彼の主著《祝福された集成》はアラビア語で書かれた世界史で,天地創造以後の歴史を各時代の主要人物の伝記を書き連ねることで叙述しており,東方キリスト教会史の研究には不可欠の史料。この本は17世紀にはラテン語に訳され,その後英語,フランス語訳も出てマキーンゲオルギウス・エルマキンGeorgius Elmacinの名で広くヨーロッパに知られるようになった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

マキーンの関連キーワード稲毛重成畠山重保アテネ公国105ウオークラリーから常連組航空大学校帯広分校訓練機墜落事故畠山重忠平賀朝雅熊谷寺イーベイン北条時政

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone