コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マキーン al‐Makīn

1件 の用語解説(マキーンの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

マキーン【al‐Makīn】

1205‐73
アラブキリスト教徒歴史家。カイロで生まれダマスクスで没す。イブン・アルアミードIbn al‐‘Amīdという名で知られている。彼の主著《祝福された集成》はアラビア語で書かれた世界史で,天地創造以後の歴史を各時代の主要人物の伝記を書き連ねることで叙述しており,東方キリスト教会史の研究には不可欠の史料。この本は17世紀にはラテン語に訳され,その後英語,フランス語訳も出てマキーンゲオルギウス・エルマキンGeorgius Elmacinの名で広くヨーロッパに知られるようになった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

マキーンの関連キーワード神の子キリスト教綱要キリスト教青年会キリスト教会ナザレ人伴天連ムデハル耶蘇キリスト教徒中東とキリスト教

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone