マギステル・ミリツム(英語表記)magister militum

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「マギステル・ミリツム」の意味・わかりやすい解説

マギステル・ミリツム
magister militum

ローマ帝政後期の軍職。コンスタンチヌス1世 (大帝)は近衛長官から軍事的職能を奪って,純然たる行政職とする一方,軍政改革によって増強されたコミタテンセス (野戦軍) の指揮のため2名の新しい司令官マギステル・ペディツム magister peditum (歩兵司令官) とマギステル・エクイツム (騎兵司令官) を任命し,前者を先任者とした。その後首都から地方に大部隊のコミタテンセスが配置されると,歩兵,騎兵を統轄する軍指令官が任命されるようになり,その軍職がマギステル・ミリツムと呼ばれるようになった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

五節舞

日本の上代芸能の一つ。宮廷で舞われる女舞。大歌 (おおうた) の一つの五節歌曲を伴奏に舞われる。天武天皇が神女の歌舞をみて作ったと伝えられるが,元来は農耕に関係する田舞に発するといわれる。五節の意味は...

五節舞の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android