マギステル・ミリツム(英語表記)magister militum

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「マギステル・ミリツム」の解説

マギステル・ミリツム
magister militum

ローマ帝政後期の軍職。コンスタンチヌス1世 (大帝)は近衛長官から軍事的職能を奪って,純然たる行政職とする一方,軍政改革によって増強されたコミタテンセス (野戦軍) の指揮のため2名の新しい司令官マギステル・ペディツム magister peditum (歩兵司令官) とマギステル・エクイツム (騎兵司令官) を任命し,前者を先任者とした。その後首都から地方に大部隊のコミタテンセスが配置されると,歩兵,騎兵を轄する軍指令官が任命されるようになり,その軍職がマギステル・ミリツムと呼ばれるようになった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android